血糖値と決闘★糖尿病をぶっ潰せ

痩せ型糖尿病患者による、闘病糖尿病記!低血糖だ高血糖だと日々血糖値との対決の様子を綴ったブログです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

●「糖尿病」を他の病名にするなら?

にほんブログ村

お久しぶりです。皆さん体調いかがですか?
さて今回は「糖尿病」という病名ってどない?てお話。

実は以前にも同じような記事を書きました。 → ●糖尿病という病名にもの申す
しつこい粘着気質丸出しの性格、私「はる」が
またまたごちゃごちゃと小さな声で叫んでおきます(笑)

2年前よりブログの右に常に投票が表示されるように
アンケートを設置しておりました。
すでにたくさんの方に投票いただいており、大変感謝しております。
この場を借りましてお礼申し上げます、ご協力ありがとうございます。

そのアンケートに何と100票もいただきまして、
キリも良いので中間発表をしたいと思います。
しかしアンケート設置当時、選択肢には迷いました。
私がもう少し学があれば良いのですが、無いなりに考えました。
選択肢がこれで良いのか悪いのか…それすらも今となっては微妙です。

血糖性全身崩壊症 なんていう強烈な病名も選択肢に考えましたが、
すでに私の頭が崩壊してますので今回は除外(笑)

そんなワケで現段階の結果発表〜〜!!


「糖尿病」を他の病名にするなら?
※()内1型なら?

↓↓↓ 結果はこちら ↓↓↓


にほんブログ村


【1位】 28% 糖代謝異常症(糖代謝不全) … 28票/28%

【2位】 25% インスリン欠乏症(インスリン欠損症) … 25票/25%

【3位】 17% 高血糖症 … 17票/17%

【4位】 13% インスリン分泌低下症(インスリン分泌不全) … 13票/13%

【5位】 6% 糖代謝機能欠損症(糖代謝機能不全) … 6票/6%

【6位】 4% インスリン機能不足症(インスリン機能不全) … 4票/4%
【6位】 4% その他 … 4% (4票/4%)

【7位】 3% 糖尿病(このままで良い) … 3票/3%



コメントもいただきました、ありがとうございます。

■高血糖症
2型の人は多少恥ずかしいくらいのほうが…

■糖代謝異常症(糖代謝不全)
~不全に一票。~異常症はイメージ悪いです^^;
糖代謝不全、これがいいっ!
こっちの方が周りにいいやすいかも?
本当に病名が変わるといいのに!と思います。

■糖代謝機能欠損症(糖代謝機能不全)
糖尿病以外ならどの病名でも

■インスリン欠乏症(インスリン欠損症)
偏見をなくす為、改名、してほしいです。
改名のためにできることはありますか??
病名に尿って入っているには嫌。なんか恥ずかしい。
偏見とともに変わって欲しいですね

■インスリン分泌低下症(インスリン分泌不全)
インシュリンの量が健常者の3分の1しか出ないのです

■インスリン機能不足症(インスリン機能不全)
コメントはありません

■糖尿病(このままで良い)
説明不要。これ以外だと一々説明するのが面倒

■その他
尿ガン
OH!!尿!
膵臓機能不全症



はい、でましたー!
病名を変えることのできる権限をお持ちのお偉いさんー!

糖尿病(病名はこのままで良い)と思っている方は…

 最下位!3%!

たったの 3%です!

いい加減、変えましょうよ〜。
検討お願いします。本当にお願いします!

引き続きアンケート受け付けております。
よろしくお願いします! → 【 アンケートはこちら 】


 ご協力感謝します!
 あなたはどちらですか? ↓

にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ


_ . _ . _ e n d _ . _ . _



スポンサーサイト

| その他の記事 | 18:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

●男の目には糸を引け

にほんブログ村

「男の目には糸を引け、女の目には鈴を張れ」
なんてことを申します。
細い目の男性、パッチリとした目の女性は
魅力的だというたとえです。

またまた個人的な話なのですが、
どちらかと言うと、
私”はる”は目が細いのです。

だから男前だとかぬかすつもりは滅相もございません。
中の下の下のちょい上のドノーマルおっさんです。

糖尿病になると眼底検査をするように勧められます。
その眼底検査は定期的に受けるのですが、
今回で3回目。久々に受けてきましたので、そのご報告です。

眼底検査をされた方ならご存知でしょう。
”眩しくなる目薬”を点眼されて、超眩しい状態で約6時間。
簡単に説明するとこれは散瞳(さんどう)といって、
薬で瞳孔を開いたままにして、
眼底に異常が無いかを調べるのです。

だから外に出た瞬間、私の可愛らしいつぶらな目は
光を取り込むだけ取り込んで、
眩しい眩しくないのって眩しすぎです。

なので、しばらくその目の細さはまさに糸のよう。
さらに細くしての生活を何時間か強いられます。

下手すりゃ

 
「あれ、五木ひろしじゃね?」と言われかねません。

あ…これは去年のネタだ。 → (記事)目の前にふわふわと黒いモノ
失礼いたしました。

他に細い目の有名人で
高橋克典とか及川光博とか頭をよぎりましたが、
石が飛んできそうなのでやめておきます。
「イシ」は「医師」だけて十分です(笑)

で、肝心の結果なんですが、
「異常なし」・・・良かったです。

とは言っても、ずっと飛蚊症の症状が出てます。
それも少し心配だったので、眼科の医者に伝えましたが、
今のところは安心です。

そして幸いなことに、その日は曇り空でしたので助かりました。
その後どうしても外出しなくてはいけない用がありましたので。

糖尿病になって改めて目の大切さを気付かされます。
目は大切にしていきたいと思います。


_ . _ . _ e n d _ . _ . _


 にほんブログ村 にほんブログ村



| その他の記事 | 22:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

●不安と恐怖が一番の薬だ

にほんブログ村

糖尿病という病気は厄介ですね。
私が教育入院した時もそうなのだが、
不摂生をせずにバランスの良い食事をし、
規則正しい生活をするのが一番の治療だと
病院の人間は糖尿病患者に叩き込む。

それありきで、さらにサブ的なあ役割として薬なり
インスリン注射なりがあるということだが、
私も同じようにそう思っている。

でも人間という生き物はとても弱い。
得てして楽な方・満足を得られる方を選択しがちだ。

私も含めての話なのだが、
糖尿病を発症してしばらくは極端に摂生をする。
でも殆どの者は長続きしない…
しばらくすると、すぐに
「これくらい大丈夫だ」が顔を出す。

こいつはどんどん膨らんで、
結構な大きさに広がってくる。
そのうち経験を積んだ奴は
「前も別に何ともなかった」に変形する。

手伝う奴らも出現する。
「~だから」部隊、
仕事だから、付き合いだから、今日だけだから、
特別だから、ちょっとだけだから・・・


これは・・・また同じ道を通るんじゃないか??


我々は学んだはずだ。
絶対に忘れてはいけないことと、
常に思い出さなければいけないことがあるということを。

自分に問いかけないとダメだ、
なぜ思い出さない?
「自分は糖尿病かも…」と思った時の
途轍もない大きな不安を。

自分にもう一度言い聞かせないとダメだ、
なぜ忘れた?
「あなたは糖尿病です」と宣告された時、
「このままだと合併症になるかも…」と思った時の
真っ暗闇に向かうような恐怖を。

忘れちゃいけない。
思い出さなきゃいけない。

だから”不安と恐怖が一番の薬”なのかも・・・と
最近は思ったりしてるのです。
引き締めないといけません。


・・・と最近ダメな自分に言いました(笑)


 ★過去の記事 Pick Up

 ●糖尿病による最悪の末路
 ●今さらだけど後悔していること


_ . _ . _ e n d _ . _ . _



 にほんブログ村 にほんブログ村


| その他の記事 | 19:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

●血糖値を測らないという選択

にほんブログ村

この病気になってからといふもの、
毎食前必ず、お腹に針をぶっ刺し、
インスリンをぶっ込み・・・

この病気になってからといふもの、
ぼぼ毎日、食前や食後に指に針をぶっ刺し、
血を絞り出し、ピッピピッピと血糖値を測り・・・

高いだ低いだ、フラフラするだと
ワーワー喚きちらす40代目前男です。


近頃思うのですけどね、
インスリンが枯渇している膵臓くんを
抱きかかえて生きる私は、
インスリン注射は必須なのは仕方なしにしても、
毎日毎食きっちり血糖値を測らなくても問題ないのでは?と思ってます。
いやむしろ、測らない日を作るべきだと思うのです。

もちろんある程度、血糖値が落ち着いた患者さんに限られた話です。
私なんてもう今では血糖値を測ることでガックリ「落ち込む」ことばかりで、
万歳して喜ぶことは全くない、せいぜい良くて「安心」する程度。
一喜一憂じゃなくて 一気に一憂 …(うまい!うまくない!!)

そうです、そうなんですよ。よく考えてみると、
「マイナス」もしくは「ゼロ」しかないのです。

    これ、懐かしい~。

おみくじで例えるなら、
吉、小吉、末吉、凶、大凶しか入ってないおみくじ。
良くても「吉」!、中吉・大吉なんてもん入ってないんだよ、べぇ~!
「なんだと?責任者出てこい!」

それならいっそ引かない選択も私はありだと思うのです。
わざわざストレスのある道を通るのはナンセンスであると。

当然そうする日(血糖値を測らない日)は
いつもの同じような生活や食事をする時に限るのですが、
絶対そうする方が精神的には穏やかに過ごせると個人的に思う。
(見ても見なくても高血糖は高血糖、標準値は標準値!)
なので最近はたまにですが、本当に全く血糖値を測らない日 を設けてます。

厳格なコントロールを目指す方や、
追加打ちをする方には向かないかも知れません。
他にも利点としては、いやらしい話ですが
センサーのチップ代も塵も積もってしまいますので、
長い病気との闘いには息抜き手抜き測定抜きも必要かな…などと思うのです。

もしかして皆さん既にそうしているのでしょうか?
[血糖戦士!]測りすぎマン は自分だけだったりして。
まあいいか。


穴だらけの指先を見ると
時々悲しくなるのは私だけじゃないはず・・・。
まあそんなナイーブな性格でもないですけど。


_ . _ . _ e n d _ . _ . _


  にほんブログ村

 30 【送料無料】血糖値測定器アセンシアブリオ 30回分フルセット

 60 【送料無料】血糖値測定器 アセンシアブリーズ2 60回分フルセット

 血糖値測定器・血糖測定器カラー画面&日本語表示でわかりやすい!★送料無料★血糖測定器・血糖...

 血糖値測定器・血糖測定器 幅広く利用されているテルモ製初回セット★送料無料★メディセーフ...

 血糖値測定器・血糖測定器の補正不要で450回記憶可能の新機種★送料無料★血糖測定器・血糖値測...





| その他の記事 | 00:02 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

●被災地IDDM患者のためになる情報、相談、提供など

血糖値を下げるインスリンが
自己免疫によって作れなくなる1型糖尿病。
そのIDDM患者の支援団体「日本IDDMネットワーク」が、
被災地でインスリン製剤や注入器を失った患者の相談に応じるなど
地震関連の情報を載せてます。

インスリンや注入器を失ったなど、
現地でお困りの患者とその家族の相談や要望のある方への
メールアドレスも載っていました。→【こちら】

インスリン製剤の在庫がある医療機関や避難所を紹介するほか、
移動が難しい患者については、医療機関などに連絡し、
インスリン製剤を届けるなどの対応を依頼したり、
また、日常の血糖値チェックに使う「自己血糖測定器」を
被災によって使えなくなった患者に、測定器を無償で提供しています。

「日本IDDMネットワーク」
特定非営利活動法人 日本IDDMネットワーク
震災関連情報ページ ※2011.4/7 9:35更新

■ 被災者の方に血糖測定器をご提供いたします
■ 支援情報
■ 被災地での対策
■ 不安や疑問の解消
■ 厚生労働省から発出された通知(一部抜粋)
■ その他の情報



詳しくはリンク先にてご確認ください。
毎度のことですが、患者さまに有益な情報だと思い、
私のような者が誠に恐縮ながら
勝手にリンクさせていただきました。




_ . _ . _ e n d _ . _ . _




測定時間はわずか 10秒。
センサーを挿入し、血液を点着するという2つの最小のステップで血糖値測定が可能です。挿入するセンサーは大きくつかみやすいサイズ、表示ディスプレイも大きめで表示も鮮明にするなど扱いやすさを考えた設計です。

特にお薦めはセンサーの価格。
この製品のセンサーは他機種に比べて価格を抑えてあるため、維持費が一番楽な機種です。しかし必要な機能は高性能!世界中で愛用されているバイエルメディカル社の製品ですので安心してお使いいただけます。



| その他の記事 | 12:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

●被災地でインスリン治療の連絡先

日本糖尿病学会が
東北地方太平洋沖地震対策本部を設置、
糖尿病治療のためにインスリンが必要になる患者のための
相談連絡窓口を開設したようです。

以下連絡先です。

日本糖尿病学会(事務局内)
東北地方太平洋沖地震対策本部

O338154364
O338157985


 → 【日本糖尿病学会のホームページ】


 医療関係者連絡先 

【岩手県】

岩手医科大学  O196515111(高橋和眞先生・佐藤 譲先生)

及川内科胃腸科クリニック  O191313131 (及川 登先生)
(月~土:9時~17時30分※但し、木・土の12時30分以降を除く


【宮城県】

東北大学病院糖尿病代謝科   O227177611 夕方以降は O27177856
(片桐秀樹先生・石垣 泰先生)
(※東北大学の連絡先は相談のみです。)

東北労災病院  O222751111(赤井 裕輝先生)
(月~金:9時~12時 ※緊急の場合は午後も可


【福島県】

福島市 福島県立医科大学  O245471206(佐藤博亮先生・渡邊 毅先生)

福島市 福島赤十字病院  O245346101(佐藤 義憲先生)
(月~金:8時30分~17時)

会津若松市 県立会津総合病院  O242272151(塚本和久先生)

いわき市 市立総合磐城共立病院  O246263151(小野利夫先生)

いわき市 たねだ内科クリニック  O246453303(種田嘉信先生)


【茨城県】

那珂記念クリニック  O293532800(遅野井 健先生 オソノイ タケシ
(月~土:9時~17時 ※但し水曜午後・土曜午後を除く
   
西山堂病院  O294725121(荷見 澄子先生 ハスミ スミコ
(月・水・金:14時~18時)


日立総合病院  O294231111(荻原健英先生・岡裕爾両先生)
(※日立総合病院の連絡先は相談のみです。)


 製薬会社連絡先 

ノボノルディスクファーマ  O12O180363
(※月~金曜日の午前9時~午後6時)

サノフィ・アベンティス  O12O497010
(※24時間365日)

日本イーライリリー  O12O245970
(※24時間)



(とくに断りのない限り,上記連絡先電話番号での対応は日中のみとなります)
※日本糖尿病学会東日本大震災対策本部ホームページより


日本糖尿病協会でも「日本糖尿病協会災害対策支援チーム」による
専用フリーダイヤルを開設しておられます。

日本糖尿病協会災害対策支援チーム  O12O151721

 → ホームページはこちら


【 受話器をとるまえに準備しておくべきこと 】

1)糖尿病の病型(1型,2型など)
2)使用しているインスリン製剤の名称
  (ノボリンR,ヒューマログ,ランタスなど)と
  注射なさっている単位数




_ . _ . _ e n d _ . _ . _


  にほんブログ村

| その他の記事 | 12:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

●落とし穴の話ですから

にほんブログ村

人は一度痛い経験があると
過剰に気をつけるようになる。

例えば、落とし穴に落ちたとする。

そうすると、次に歩く時には、
足もとを注意しながら歩くようになるだろう。

細かい所にも気をつける。
「ここだけ少し地面の色が違うけど…
 これはまた落とし穴なんじゃないか?」と。

できれば下ばかり見て歩きたくない。


いま歩いている道には落とし穴はもう無いかもしれない。
でも次は上から何か落ちてくるかもしれない。

そうしたら、頭上にも気をつけながら足もとにも気をつけて…!?
そんなことしていたら前に進めないじゃないか。


私は落ちてしまった。

でも一度落ちたらどうしても気になるんです。
またさらに落ちるのは嫌だから、
ちょっとした変化でも見逃したくない。
過剰な反応。これ以上また痛い目に遭いたくない。


思い返せば、
一度も落とし穴に落ちていない時は、
足もとなんて気にしてなかった。

「そこは危ないよ」と言われてるのに。
平気平気と、同じ歩幅で同じスピードで
どんどん歩き進めた。

落ちそう なだけで、まだ落ちてはいないぜ。
ああ…痛い目に遭う前なら、落ちない道を選べたのにな。


でももう遅い。
落ちてしまったんだから。


じゃあ、これからどうすれば?



もう決まっている。

人に聞いて相談して、調べて、
自分で落ちないと思う道を進む。
慎重に、堂々と進む。

そして、下を向かずに前に進む!
立ち止まっていることだけは
絶対に嫌だから。


でも私は恐がりだから、
時々は足もとを気にしながら進むんだけどね!

気分の良い日はスキップもする!
(それはしないけど。オヤジだから。)



頭の上? うーん・・・。




今は気にしないことにしよう。

だれかに
「落ちてくるかもしれないから危ない」と
言われたら気を付けることにしよう。

そうしよう。





以上、落とし穴の話です(笑)
自称落とし穴研究家、はるでした、では。



_ . _ . _ e n d _ . _ . _


 にほんブログ村 にほんブログ村


【送料無料】専門医が答える!『このままでは糖尿病になりますよ!』と言われたら読む本

「今すぐできる!」「みるみる効果がある!」
“こうすれば血糖値をコントロールできる”という
ポイントだけをまとめました!

大きな病院のドクターから説明されても
難しい医学用語ばかりでますます不安に…。
そんな経験はありませんか?

毎日、診療所で患者さんと接している
お医者さんが本当に必要なことだけを
やさしく解説します。




 ◆【送料無料&代引き無料】[DEMECAL]デメカル 生活習慣病+糖尿病セルフチェック(心配な方の念入...

 ★特価★ 「自分でできる郵送検診申込セット 糖尿病」お医者さんに行く前の、自分でできる糖尿...

| その他の記事 | 00:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

●糖尿病による最悪の末路

にほんブログ村

何年も前、今のような便利なブログも普及していない、
糖質制限やカーボカウントなんて食事療法もない、
そんな時代に糖尿病と闘い、その経験を
ホームページに残された方がおられました。

やはりカロリー制限による食事治療は何の意味もない??
個人的には改めてそう感じてしまいます。

実は前にも、何度か読ませていただいておりますが、
今回また、改めて拝読しました。
失明、足の切断、人工透析、糖尿病による合併症は
ここまで恐ろしく、全てを奪うものなのです。

 落花生の部屋 ←クリックでページへ
 http://rakkasei.syogyoumujou.com/

ここに行けば、どんな偉い医者の言葉よりも
説得力のある声が聞ける、注意を呼びかけてくれる。
いい加減で、気さくで、明るい中にも、重く、心に響く、
その本人だから書くことができた文章が綴られています。

人工透析の項にこんな言葉があります。

私を「おろかなやつ」と笑って結構です。でも、あなた自身は

絶対に同じ道をたどらないと約束してください。本当にお願いいたします。



家族や周りに糖尿病の方がおられる方や、
もちろん御自身が糖尿病の方で、
まだ読まれていない方はぜひご一読いただきたい、必見です。

勝手なリンクや引用、紹介をして申し訳ございません。
重い軽いの違いはあれど糖尿病を患った者として、
どうしても糖尿病を知ってもらいたいという
気持ちが私と同じだと感じたと同時に、
しっかりと治療に向き合うキッカケになる貴重なページだと思いました。

関係者の方、今回の記事に何か問題などありましたら、
お手数ですが下のコメントからお願いいたします、すぐに対応しますので。



_ . _ . _ e n d _ . _ . _



 

| その他の記事 | 23:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

●濃味は肥満の原因?味覚は変わるのか?

にほんブログ村

さっき興味深い記事を発見しました。
今回はくどい引用は無しです。

アメリカのある大学教授によると
味の好みというものは幼少期、3~6歳で決まる、と言う。
そして、続けてこうありました。
3~6歳の段階で濃い味に慣れると、ジャンクフードが好きになり、
糖質、脂質、塩分の過剰摂取になる、
その結果が、肥満 …というわけです。
   にほんブログ村
なるほどである。よし、自分の子供には
幼少期から薄味で食べさせよう!…なのですが、

ちょ、ちょっと待ったー!(ねるとん!?)

40歳を目前にしたオッサンにひとこと言わせて下さいな。

3~6歳で決まった味の好みは、完全に固定されるわけじゃなく
その後の環境で味覚はかなり変わっていくんじゃないだろうか、と
私は思うのです。

なぜこんな事を言うかというと、
実際、私自身の味覚は、この何年かでどんどん変わっているからです。

正直言って、子供の頃から結婚する前までは
かなり濃い味付けが好きだったのですが、
その後、薄味に慣れましたし、さらに、禁煙で味に敏感になり、
糖尿病になったことで、少しの甘みでも
十分な甘さを感じることができるようになっています。

逆に困っていることとしては最近では外食した時の味付けが
濃く感じることも少なくありません(笑)

私は栄養士でもなけりゃ調理師でもありませんし、
他人の味付けをどうこう言うつもりは毛頭ございません。

で、いきなり身内の人間について話すのですが、
私の父親は濃い味が好きで、
いまだに何でも醤油もドバドバかけて食べてます。
痛風になってもまだかけて、酒ばっかり飲んで、
タバコも吸いまくってます…。(←アホだあ…)

なので、そんな環境も少し恨んだりします。
どういうことかと申しますと、
家族の味付けの基本は父親の好みであり、
当時の我が家の味のベースは『濃い味』だったのです。

目の前で生きる見本となる父親がそんなだったので、
少なからず私の味覚にも影響はあったはずです。
出された料理にまだ醤油、塩などや、うま味調味料、
味の○をも~っともっとかけている父親…。(コラーっ!伏せ字ー!)

それを見て、まだ純粋で馬鹿なはる少年は思ったのです。
「わぁ~僕もかけてみよう!その方が美味しいんだ、きっと!」と。

過剰に濃い味付けは、「辛すぎる」でもあり、
「甘すぎる」味付けでもあるのですから。

だからこそ自分は子供に対して、
そうならない見本になれるような環境を作りたい思ってます。
それは我が子の為だけでなく、家族の健康に繋がることです。

私は病気になってから、食べ物の有り難さを感じたと同時に、
素材そのものの美味しさを感じるキッカケになったと思っています。
野菜、肉、魚、穀物などの本来持つ旨味、
それを感じながら食事できることは嬉しいことです。


 濃味 ≒ 美味い ??? であり

 濃味 = 不健康 です。


 薄味 ≠ 不味い であり

 薄味 = 健康的 です。


私はそう思うのです。


でももし自分が、調味料を作る会社勤めだったなら
醤油やソースガンガンかけて食べるけどねー!(笑)





 ま、しょうゆうこと!!

    意味わからんぞ、オイ。

調味料は控えめにってことで。



_ . _ . _ e n d _ . _ . _



 にほんブログ村 にほんブログ村


 塩分コントロールこそ、健康への第一歩です。
 摂取量を無理なく控える意外な工夫、単なる薄味じゃないレシピなど、減塩生活のワザ満載!
 ●【送料無料】高血圧、糖尿病が気になる人の「減塩」ワザ

 血圧の気になる方にも、糖尿の気になる方にも、コレステロールの気になる方にも
 安心して使える調味料・お醤油(しょうゆ)それが「野菜の素」(やせのもと)です!
 ●もはや「調味料」ではありません。減塩しょうゆサプリメントです。ご家族の健康のためのお醤油...

| その他の記事 | 23:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

●大切な人が糖尿病になってしまったら

にほんブログ村

私も含めて糖尿病患者によるブログというのは
探すまでもなく、たくさん存在しています。
拙の入院中、もちろんこのブログを始める前に、
そのたくさんのブログを読ませていただいたお陰で
今の私の精神状態と血糖コントロールがあると思ってます。

そんなたくさんのブログでは、どんな治療(薬物・運動)をしたのか、
また、どのような経過でどんな食事しました…
といった内容が、私が拝見する中では多い気がします。

ですからあまり患者側から周りの方へのメッセージ的なものが
糖尿病のブログには少ないような気がしたのです。
ちゃんと探せばあるのでしょうが。
「糖尿病だと宣告されて、どんな気持ちになって、どう考えたのか」
という過程まではよく見かけますが、その次の

だから
「大切な人(親・兄弟・妻・夫・恋人)や周りには、
こうして(こうしないで)欲しい…」
ということについて書けば、
大切な人が糖尿病になってしまった同じような立場の方の参考になるのでは?と
勝手な考えでこのような厚かましい記事を書こうと思った次第です。

ですので今回は、非常にむさ苦しい話なっておりますので
何とぞご了承くださいませ。


さて、糖尿病の治療といっても、もちろん十人十色、人それぞれの病状と考えで
病気と向き合っておられますので
私のこの「糖尿病になった私が、大切な人に知って欲しいこと」は、
偏ったものなってしまいます。その辺りをご理解の上、参考にもなりませんが、
万が一にも参考にしていただけたら幸いだと思っております。


まず、私が糖尿病になって最初に感じたのは
「情けない・恥ずかしい・後悔・不安」の気持ちでした。
何が原因だろう…これからどうすればいいのか…など
自分の生活習慣が100%悪くないとは言え、やはり自分を責めたり、
非常に不安定な気持ちだったことを覚えています。

その時に周りに言いたかった事は
「しばらく、そっとしておいて下さい」・・・。
そんな気持ちでした。

下手な例えをするなら、
マラソンを走っていて、途中の折り返しも過ぎ、
ゴールもそろそろ見えてきた時に…
ドスンッ!と荷物を渡され「これ、ゴールまで持って行ってね」

「え?え~っ!」…そんな気分です。
「この荷物、持って走らなきゃ失格だから。」
「あと、油断すると荷物はどんどん重くなるからね、気をつけて!」


こんな事を言われ、荷物を渡され、
「よし!がんばるぞー!」と、
すぐに元気よく走りだせる人がいるのでしょうか?
そんな方、もしおられましたら、頭を叩いて
「なんでやねんっ!」
つっこみをしたいのでご一報くださいませ(笑)
   

まー、ほとんどの人間は
しばらく呆然と立ちつくす…これが普通ではないでしょうか。
少なくとも私はそんな状態でした。

医者は言います。

  にほんブログ村

「でも荷物が重くならないように走ればゴールできますからね」
「一緒に頑張りましょう」
・・・。

さらに「この荷物、重いの?」「荷物は降ろせないの?」
身内からのそのような言葉は、ときに苛立ちます。

少し精神的に落ち着いてくると
医者や家族を含めた周りのランナー達は
荷物を持たず悠々と走る姿が目につきはじめます。
「なんで俺だけ…」そう考えると
自棄になってしまいそうになります。
中には荷物(病気)を持っていないように
隠して走ろうとする人もいるでしょう。

大切な人が糖尿病になった方へ私がお願いしたいのは、
本人が走り出すまで見守ってあげて欲しいのです。
自分の意志で荷物を抱えて走り出すの待ってあげて下さい。
ゆっくりでも走り出す環境を作ってあげて下さい。

私の場合は幸いにも連れ合いが
そのような立場で見守って支えてくれました。
病気について一緒に考え、勉強し、強要せず、
気持ちを理解してくれた事に心から感謝しています。

熱心に治療されている知識のある患者さまほど
中途半端に気づかわれるのを嫌がるのではないでしょうか。
私のような浅い知識しかない者でも、
変な気のつかわれ方だと
「何も知らんのに、ほっといてくれよ」と今でも思います。

特に、我々に対して微々たる知識で
「糖尿病はどうだこうだ、だからこうだよね」とか
どうだ理解しているだろう!と言わんばかりに
同情したふりをする人間には殺意すら感じます(笑)
そんな人は滅多にいませんけどね。

さらに矛盾していますが、
全く健康な人間と同じように行動(特に食事)
できるかのように扱われると、その人に呆れてしまいます・・・

ああ…我ながら、なんちゅう勝手なんだ…本当にすんません(笑)

でも精神的に落ち着いてくると、これから自分がどうするのか、
どのようにゴールに向かって進むのか、考えるようになり、
治療に対しての意欲が出てくるようになります(ました)。

バカなくせに糖尿病についての知識に対して貪欲になった私は、
食事については、いかに血糖値を上げずに
満足できるように食べれるかを考えて生きてます。
おまけにこのようなブログまでぶち上げてギャーギャーと(笑)
まあ私の場合、こんな感じで現在に至ります。

しかし、糖尿人の端くれとして、一言いわせてもらえるなら、
自分一人だけでは糖尿病の治療は正直難しいです。
誰か一人でも理解者の助けがあれば
重い荷物を背負ってでも心強く生きていけると思うのです。

当然、医師をはじめとした医療関係の方に専門的な助けをいただき、
そして自らできる運動療法と食事療法が大切になります。
特に男性が食事をコントロールすることは難しいと感じます。
もしあなたが女性なら、食事管理でぜひ助けてあげて欲しいと思います。

そして何より精神的に、あなたの助けを必要としているはずです。
支えてあげてください、話し合って理解できると思わず、
理解しようというスタンスで話を聞いてあげて欲しいのです。
とくに何も意見せず、何も強要せず、ただ心が近く感じられるように、
そっとそばにいてあげて欲しいと思います。

もし本当にその人が大切な人なら、
合併症にならないように…あなた自身が悲しまないように。



長々と失礼いたしました、そして最後までありがとうございます。



_ . _ . _ e n d _ . _ . _


 にほんブログ村 にほんブログ村

【送料無料】糖尿病がどんどんよくなる糖質制限食

 肉魚を食べても劇的に改善できる!
 アルコールもOK!
 主食などの糖質を減らせば
 血糖値はみるみる下がる!
 おいしく楽しく続けられる
 食事療法をやさしく解説。



 ●【送料無料】こんなによくなる!糖尿病
新薬が糖尿病の常識をくつがえす/第1章 出逢いは「9・11」と「トカゲ」から/第2章 「高血糖のメモリー」消去へ。前人未到の挑戦/第3章 患者さんが教えてくれた「前人未到への登り方」/第4章 変わる、薬の使い方/第5章 「糖尿病完治の時代」の未来像/第6章 「治る」時代が目前に迫ってきた!/第7章 地球温暖化を前に夏には冷水の準備を

 ●【送料無料】こんなにおいしくていいの?! 医師と料理家がすすめる糖尿病レシピ
おいしく食べて血糖値コントロール!正しい素材選びと調理法を解きあかし、カロリー計算された料理ではなく、家族全員で楽しめる豊かな食事を実現します。

 ●【送料無料】血糖値をしっかり下げるコツがわかる本
糖尿病などの病気の原因となる高血糖。本書は、血糖値が体に及ぼす影響をはじめ、糖尿病などの病気に進行させないための生活改善ポイントを、イラストや図解をふんだんに使い、わかりやすく紹介する。簡単にできる、おいしい低カロリー食事レシピも多数掲載。

| その他の記事 | 00:05 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。