血糖値と決闘★糖尿病をぶっ潰せ

痩せ型糖尿病患者による、闘病糖尿病記!低血糖だ高血糖だと日々血糖値との対決の様子を綴ったブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[■]閉塞性動脈硬化症(PAD)をご存知?

にほんブログ村
2010年10月18日 Yahooニュース
足だって動脈硬化になる!閉塞性動脈硬化症

 高血糖、高LDLコレステロール、高血圧の三重苦を抱えているMさん、55歳。最近、足先が冷えて歩行時にふくらはぎがつるようになった──。

 生活習慣病が心筋梗塞、脳卒中の原因になるのはもはや一般常識だが、もう一つ閉塞性動脈硬化症(PAD)という病気をご存知だろうか。要は足の動脈硬化で、下肢の血流が滞り、足のしびれや冷え、痛みが起こる。病状が進むにつれ、一定の距離を歩くと、ふくらはぎや太もも、おしりの痛みや「足がつった感じ」が出て、しばらく休むと症状が消える「間欠性跛行」が生じる。さらに進行すると血流が完全に滞り、足指やかかとに潰瘍ができ、壊死してしまう。

 PADの有病率は推定3~10%。間欠性跛行まで進行した患者は30~40代で1%前後だが、70歳以上では6~7%に及ぶ。下肢に異変が集中するとはいえ全身の動脈硬化の一症状なので、PADと心筋梗塞や脳卒中が合併する危険性はきわめて高い。特に潰瘍、壊死まで進むと生命予後が非常に悪く、1 年後に25%の患者が亡くなるというデータがあるほどだ。

 PAD発症の危険因子は、糖尿病、喫煙、脂質異常症、高血圧、血管年齢、実年齢、そして男性である。特に糖尿病では、PADの跛行患者が潰瘍や壊疽になる危険度が4倍に、喫煙者は2倍に跳ね上がる。糖尿病の方は禁煙したうえで日々、足の状態を観察してほしい。一つ注意が必要なのは、PADの主症状の間欠性跛行は脊柱管狭窄症という整形外科領域の疾患でも起こりうること。初診時に内科、整形外科のどちらを受診するにせよ、問診時に説明がない場合ははっきり質問しよう。

 PADと確定した後は、生活習慣病の改善とともに、ジョギングなどの運動療法と動脈にできやすい血栓を予防する薬物療法を行う。間欠性跛行の段階なら 7~8割はこの2本立てでコントロールできる。それ以上進行してしまった場合は詰まった血管を迂回し、血行を再建するバイパス手術が必要だ。

 最近は全身麻酔によるバイパス手術に替わり、血管内に金属網製のチューブ(ステント)を入れ、血管を再開通させる方法が広がりつつある。局所麻酔であり、手術創が数センチと小さく回復が早いため、身体の負担が少ない利点がある。骨盤内から膝上までの太い動脈がよい適応で、成功率はバイパス手術に匹敵する。最前線では細胞移植や遺伝子治療による血管新生療法の治験も進行中だ。数年後には臨床応用も期待できる。
(2010年10月18日 Yahooニュース)
引用:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20101018-00000002-diamond-bus_all
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します。


私も足がつることが多くなったので、
気になって恐くなってしまった記事です。
もちろん高血糖、糖尿病の影響が大きいことによるもの。
しかも危険因子に男性とか・・・。

閉塞性動脈硬化症について少し調べたところ、
記事と同じようなことが書かれていた。
調べたより記事のほうが理解しやすい(笑)
つまりは「全身の動脈硬化症の一つの現れである」と。
治療としては薬物療法もあるようだが、
運動や禁煙など基本的な予防はやっておきたい。

糖尿病の治療と同じですね。



 あなたは糖尿病? ↓ どちらですか?

 にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ


_ . _ . _ e n d _ . _ . _


 


閉塞性動脈硬化症は、足の動脈がつまり歩けなくなって壊死をも起こします。心筋梗塞や、脳梗塞などの合併症を誘発し、5年生存率は大腸がんよりも悪い命に関わる病気です。様々な治療法を駆使してこの病気と闘う、梶原博一先生を紹介します。

■ 専門医:梶原 博一(神奈川県立循環器呼吸器病センター 心臓血管外科 部長)
■ DVD 48分 ©2005
■ 製作著作:株式会社 ビーエス・アイ
■ 製作著作:株式会社 東放制作



 ●やさしい閉塞性動脈硬化症の自己管理


 にほんブログ村
スポンサーサイト

| ニュースとTV | 12:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

怖いですね~

糖尿に関する病気と言われると
気になるので 先生に聞いたことがあります。

「肌の色が変わるので違うよ」と言われ
ホッとすると同時に
神経質になっている自分を感じました。

判らない事が出てきて
まだまだ 心配は続きそう~

| まるこ | 2010/10/23 00:10 | URL | ≫ EDIT

Re: 怖いですね~

まるこさん、ありがとうございます。
本当に糖尿病になってからは色々と神経質になりますよね、今はかなり無くなりましたけど、一時期はそんなことばかり気になって考えてました。考え過ぎるのは逆にストレスで体に良くないですから、気にしつつ…ほどほどに気をつける!?みたいな感じでしょうかねー(笑)

| はる | 2010/10/25 18:19 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://diabetic130.blog130.fc2.com/tb.php/120-74e63a81

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。