血糖値と決闘★糖尿病をぶっ潰せ

痩せ型糖尿病患者による、闘病糖尿病記!低血糖だ高血糖だと日々血糖値との対決の様子を綴ったブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

●今さらだけど後悔していること

にほんブログ村

病気になる前の話をします。
情けない話です(笑)

糖尿病を発症する前に、
職場の健康診断が何度もありました。

もちろん毎年受けるわけですが、
近い将来、糖尿病になってしまう私は
何年か連続で「血糖値が少し高いですよ」と
赤に近い黄色信号が出ていたわけです。

しかし私はどうすれば良いのかわからず、
とりあえずは自己要観察的なスタンスで、
決して規則正しいとはいえない
日々の生活をおくってました。


私が糖尿病で入院することになる約半年前、
この年もやはり同じように健康診断があり、
血糖値やHbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー)
標準値を超えた高めの数値でした。
今の私(の知識と経験)なら
さっさと病院行くという選択しかありません。

でもまだまだ余裕と疑いと逃げにまみれた、
未熟な私に病院へ足を向かせないような
出来事があったのです。

それは何か。
その問診の時、先生が発した言葉が…

これです。

「うん、まだ若いし、尿もきれいだし」



糖尿病と自分との距離が遠ざかった瞬間です。
自分は糖尿病になってしまうかも?いう現実味が
一瞬にして薄くなりました。
私は思ったのです。

「まだ大丈夫」だと

自分の中で血糖値が高いと糖尿病になりますよという知識は
この時点でまだまだ浅かったとはいえ、多少なりとも持っていました。

でも糖尿病という病名だからこそ
こんな選択をしてしまった・・・かもしれません。

その医者はそんなつもりはなかったかもしれません。
でもその医者がそれを言わなかったら・・・
念のため病院へ行けと言ってくれたなら・・・


糖尿病は膵臓がインスリンを作れなくなる、
または効かなくなる病気です。
そして血中に糖分が溢れて高血糖になるのです。

尿に糖がうんぬん、そんな話はもっと後、
「その結果」の話なんだ。
しかも尿糖が陽性でも糖尿病でないこともありますし、
尿糖が陰性でも糖尿病の場合があるのです。

今はっきりと言えます。
糖尿病との闘いは知識がものをいいます。
無知は本当に損をします。

その時の自分の耳を引っぱって
大きな声で言ってやりたい。

そんな頭が弱く、行動力がなく、
逃げていた自分が情けなく、
今でもたまに、少しだけ後悔します。

そしてこれからも、
時々後悔しながら、しっかり前を向いて、

病気と闘いながら、まっすぐ前に進んで行きます。




 【糖尿病の診断基準

・空腹時血糖が126(mg/dl)以上

・75グラムのブドウ糖を飲み2時間後の血糖が200(mg/dl)以上

・随時血糖が200(mg/dl)以上

・HbA1cが6.1%以上



その他にも既に口渇や多尿、体重減少などの症状や
網膜症などの状態で糖尿病と診断される場合もあるでしょうね。

血糖がある一定レベルを超えると
やっと尿中に糖が排泄されてくるのです。
尿糖はあてにしてはいけません。

何度も言いますが「糖尿病」という
文字のイメージに惑わされてはいけないのです。

糖尿病という病気は症状が出てからでは遅いです。
症状が出る前に、医師の診断を強くおすすめします。
あなたとあなたの家族のために。



_ . _ . _ e n d _ . _ . _


生活習慣病の中でも特に糖尿病に焦点をあて、12項目検査(脂質、肝機能、腎機能、尿酸値など)にHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)を追加しました。これは、2~3ヶ月間の血糖値を反映しますので、糖尿病のよりよい指標となります。

糖尿病又はその予備軍は成人の5人に1人の割合で、年々増加傾向にあります。定期的かつ継続した血液チェックをお勧めします。

【この検査でわかること】
総蛋白(TP、Alb)、脂質代謝(TC、TG、HDL-C)、肝機能( GOT、GPT、γ-GTP)、腎機能(BUN、Cre)痛風(尿酸値)、糖尿病(Glu、HbA1c)

DEMECAL【デメカル】生活習慣病+糖尿病セルフチェック





 ●【送料無料】ゆずが効く! ●【送料無料】やはり、「免疫力」だ!
 ●【送料無料】病院で使う言葉がわかる本
スポンサーサイト

| その他の記事 | 00:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私も似たような経験があります。

今年HbA1cが12%を記録して病院送りになったんですが、実は昨年も6%
越えしていまして、健康診断の際、産業医の先生から
「境界型かもしれませんね」
と言われていた記憶があります。

確かに前年まで問題がなく、その年のHbA1cが少し悪かったとしても
本格糖尿病に向かっているのか否かの判断は難しいかもしれません。

その時点で糖尿病に対する無知は人一倍だった私は、気にすることなく
1年を過ごして2型糖尿病になってしまったわけです。
他人と比べて生活習慣が悪いことは無かったと今でも思いますが、そこ
に油断と落とし穴がありました。

糖尿病になるには、人一倍悪い生活習慣、肥満は必要ありません。
少しばかり人より糖尿になり易い体質と、普通のサラリーマン生活が
あれば十分なんです。
このことを肝に銘じていれば、今の生活を糖尿になる前にしていれば、
今でもたまには吉野家の牛丼特盛りも食えたかなあ、なんて思っちゃい
ます。

切ないけど、健康維持を甘く見た罰ですね。

| えむけん | 2010/12/09 17:16 | URL |

Re: タイトルなし

えむけんさん、いつもコメントありがとうございます。やはり同じような経験されているのですね…上の記事中にもありますが、病気になる前にしっかり健康診断の結果を真摯に受け止めて、もう少し真面目に自分の体を考えることが出来れば避けられた道なので、少し悔やみます。でもえむけんさんも前向きに頑張っておられるように、私も今となってはすごく前向きに糖尿病と向き合っています。でもまだ糖尿病になっていない人やなりそうな人など、気付くチャンスのある人には、私やえむけんさんのブログで早く気付いて、私たちと同じ辛い思いをせずに済むといいですよね。そんなブログ、楽しく笑えるブログをこれからもお互い頑張って作っていきましょう。

| はる | 2010/12/10 20:35 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://diabetic130.blog130.fc2.com/tb.php/143-b2958d26

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。