血糖値と決闘★糖尿病をぶっ潰せ

痩せ型糖尿病患者による、闘病糖尿病記!低血糖だ高血糖だと日々血糖値との対決の様子を綴ったブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

●お酒の席と血糖コントロール

にほんブログ村

「糖尿病の豆知識」のカテゴリに入れるには
我流過ぎて、おこがましい記事内容ですが、
無理矢理にねじ込みます(笑)

さて、いよいよ年末、忘年会シーズンですね。
この時期、どうしても外食先で
飲み過ぎや食べ過ぎてしまい、
健康な方でも体調を崩す人が多いですが、
糖尿病の方は、もっと大変です。
血糖コントロールが本当に難しいと思います。

私も一時、どうすれば安定した血糖値で、
お酒の場を楽しめるのかを悩みました。
失敗したことも過去何度もあります。
(過去の記事を見てくださいー!笑)
・・・→ これ とか。

それでですね、
血糖コントロールが難しい理由として、
そういった宴席等の料理は
基本的に、お酒に合う料理が多いですから、
炭水化物を通常の食事のように制限しながら
或いは計算しながら摂取することは
難しいということがあります。

しかも、アルコール摂取によって
血糖値の上昇具合も不安定…ですよね。
(上がりにくく、下手すりゃ低血糖?)

なので、考えました。色々調べました。
経口薬(のみ薬)の方には
使えない方法かもしれないですが、
インスリンの打ち方に、
ちょっとした自分なりの方法があるのです。

私がいつもやっている方法は、
タイミングをちょっとずらして、
そして分けて、インスリンを打ってます。
ちなみにいま現在、私が使っているのは、
ヒューマログ注ミリオペン(超速効型インスリン)
※記事参照

では具体的にどうするのかというと、
いつも打つインスリンの単位数をそのまま
食事の食前に打つのではなく、
飲みはじめてから、料理も大体が揃ってから、
しばらく経ったところで
いつも打つインスリンの単位数の半分を打ちます。
感覚的な要素が強いので
食べはじめて何分後というのは言えませんが、
私の場合は出来るだけ野菜を中心にした、
糖質の少なそうな料理を狙って食べて、その後です。

そして、いつもの食事の量の半分程までは普通に食べすすめます。
(もちろん、この間もお酒も飲みます。)

そして、私の場合は食事の量や糖質の様子を見て
大体1時間~1時間30分後に、残りのインスリン、
先程のいつも打つインスリンの単位数の半分を打つのです。
あとは量を考えつつ残りの食事を普通に続けます。

1回目のインスリンも2回目も
時間は料理の提供スピードや
その会の長引き具合によって
臨機応変に前後させます。

そうすると、上手くコントロールできるのです。
ゴルフで例えるところの
「無理をせずツーオン狙い」という感じでしょうか。
大きなクラブでワンオンするには
OBやバンカーの危険がつきもの、ですよね?笑

ただ、一つ問題なのは、
何回も席を立つのが面倒なんですね。

例えばトイレに行って、インスリン注射、
ついでに血糖値も測り、用もたして…となると、
「あいつ遅いな~、大きい方しとるな~!」
となりますのでご注意を(笑)

え~最後はお下品なオチで失礼しました。
一応、私のやり方なので参考程度にどうぞ。
もしマネをされるなら、自分風のアレンジで、
そして自己責任で、楽しい年末年始のお酒の席を
お楽しみください。

あと、もっといい方法があれば教えて下さいー。
速効型なら丁度いいのかな…?
とも思ったりしますが、どうなんでしょう?

 あなたはどちらですか?

にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ


 _ . _ . _ e n d _ . _ . _


血糖値の自己測定で上手に
炭水化物量をコントロール。
AGEマキタ式血糖低下法の威力。

糖尿病は恐ろしい病気なのか(糖尿病は治療を怠れば、死に至る恐ろしい病気/糖尿病と診断されたら、かならず専門医に受診を ほか)/第1章 AGEマキタ式血糖低下法なら、確実に血糖値が下がる(AGEマキタ式血糖低下法のポイント/血糖値を測定すれば、何がベストか見えてくる ほか)/第2章 本書編集者が実際に血糖値を測定した(血糖値がなかなか下がらない時期が続いた/煙草をやめてから数値が急上昇した ほか)/第3章 専門医とタッグを組んで合併症を予防・改善しよう(合併症治療こそが糖尿病専門医の重要な役割/合併症を引き起こす原因はAGEだった ほか)/第4章 糖尿病の最新治療法と最新治療薬(インスリン分泌に関わる物質インクレチンとは?/09年10月に認可された画期的なDPP4阻害剤 ほか)



 ●やさしい糖尿病の外食のコツと心得改訂版

 ●ダイエット,糖尿病治療のための外食コントロールブック第3版

 ●糖尿病記者の外食グルメ術in Tokyo
スポンサーサイト

| 糖尿病の豆知識 | 01:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

忘年会

忘年会 大変ですね。
注射を打つタイミングを考えるだけで
気疲れしてしまうのではないですか?

血糖値が上がらないお酒というか
糖質制限では飲んでもいいお酒というのが書かれていますが
そういうお酒を選ぶ事は出来ないのでしょうか?

今年もあと2週間
頑張って乗り切ってください。

| まるこ | 2010/12/17 22:59 | URL | ≫ EDIT

Re: 忘年会

気疲れ・・・たしかにそうですね。去年はそんな事も考えずに好きなものを好きなだけ飲んで食べてしてましたから、そう考えると面倒な気持ちになります。お酒は出来るだけ糖質的に安心な焼酎などを注文したり、ビールや日本酒といった危険なものは(できるだけ)飲まないようにしてますけど、それでもコントロールは難しいです。意外にカクテルでも大丈夫なものもあるので、調べてみると選択肢はそれほど少なくはないです。心配していただきありがとうございます。今年もあとわずかですね~お互い体調に気をつけて、クリスマスに年末年始、楽しんで過ごしましょう。いつもコメントありがとうございます!

| はる | 2010/12/18 10:06 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://diabetic130.blog130.fc2.com/tb.php/153-32232be6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。