血糖値と決闘★糖尿病をぶっ潰せ

痩せ型糖尿病患者による、闘病糖尿病記!低血糖だ高血糖だと日々血糖値との対決の様子を綴ったブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

低血糖の症状になる時とならない時

にほんブログ村

気にする程ではありませんが、
食後血糖値が少し高い日が続いてます。
いつもなら100~130mg/dl位なんですが、
最近は150台160台がちらほら…。
ウォーキングを怠っているのが
おそらく原因のような気がします。

さて、私のつまらない近況報告は
宇宙の彼方へ放り投げて、本筋に戻します。

低血糖になると症状がありますよね。

一般的な症状としては、
・冷や汗・震え・動悸・脱力感
・倦怠感・異常な空腹感…などですが、
不思議に思うことがあります。

例えば、血糖値が60~70mg/dlあたりの場合、
低血糖の症状が出る場合と出ない場合があります。

もっと具体的な話をすると、
ある日のお昼、血糖値が67mg/dlでしたが、
全く低血糖の症状は出ません。

でも次の日の晩、
結局は同じく血糖値が67mg/dlだったのですが、
手や指は震えるし、脱力感、不安感と妙な焦り、
「こりゃいかん!」と血糖値を測ってみると
ピッ【67mg/dl】昨日と同じ・・・あれっ!?

時間帯なのか体調なのか、
何に影響されるのかわかりませんが、
そんなことを不思議に感じていました。

答えの出ない疑問ですが、
おそらく微妙なラインだと
低血糖の症状が
出たり出なかったり…
するんでしょうかね。

どちらにしても、
その辺でぶっ倒れてしまわないように気をつけます。


_ . _ . _ e n d _ . _ . _


 にほんブログ村 にほんブログ村



キーホルダー型ピルケース
(ニトロケース)
急な時にもすぐに取り出せるピルケース
軽くて着けやすく便利です。

ニトログリセリンや低血糖時に摂る糖を持ち歩く為のピルケース。急な時にもすぐに錠剤を取り出せるキーリング(キーホルダー)型です。ゴムパッキンにより、機密性を高め、日常的な水仕事や汗を気にせずに身につけることができます。小さな薬、ニトログリセリンや糖(低血糖対策に)の携帯にとても便利です。



 ●【送料無料】心の病と低血糖症 ●本当に怖い低血糖症

 ●【送料無料】糖尿病ケア 10年12月号(7-12)
 患者とパートナーシップをむすぶ糖尿病療養援助
 特集:患者さんの不安を知る・基本を学ぶ低血糖を起こさない重症
スポンサーサイト

| 日々のこと | 18:03 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

低血糖?

低血糖と言われても判らないのです。

一度 前触れもなく倒れたことがあります。
痩せすぎたからなのか
貧血だったからなのか、今もって判りません。
>・冷や汗・震え・動悸・脱力感
・倦怠感・異常な空腹感…などですが
   ↑、
 あるようなないような?
やはり 測定器を買おうかな~

痩せて良いことないよね。
あっ!着物が似合うようになるかも・・・です。(苦笑)
でも、来年のお正月は着られると思ったけどダメみたい。

寝正月だなぁ・・・・。(涙)

| まるこ | 2010/12/22 23:23 | URL | ≫ EDIT

Re: 低血糖?

測定器あった方が血糖値は気にするので、結果摂生に繋がるような気もしますが、コストがかかるので、たまに測るくらいで十分のような気が最近はしています。正月は親戚がいるので全員の血糖値を測りまくろうかな!?まるこさん、来年の正月は寝正月ですか??美味しいものいっぱい食べて寝て過ごしたら、血糖値ぐんぐんあがっちゃいますよー危険危険(笑)年明けは初詣にでも出掛けるといい運動になるかも知れませんね。私もいつも寝正月になので、来年こそはそうならないように頑張りたいと思っている所です。あ~今年もあと少しですね…。

| はる | 2010/12/24 18:18 | URL |

ひとつは血糖測定器の誤差の可能性。
±15mg/dlは規格で許されてます。
もうひとつは血糖値の下がり方の違い。
最終的に同じ血糖値でも、急激に下がった場合の方が低血糖になりやすいといわれています。
低血糖は、高血糖よりはるかにダメージが大きいですからくれぐれもご注意ください。

| 通りすがり | 2010/12/24 21:23 | URL |

通りすがりさん、ありがとうございます。

コメント感謝いたします。測定器の誤差がそんなに大きい範囲で許容されているとは驚きです。±15mg/dlだとかなり違うと思います。技術大国日本としてはもう少し厳しくても大丈夫でしょう?まあでも実際はもっと精密なんだと思います。でも測定する環境の違いでたったの±5mg/dl誤差であれば最大10mg/dlも違えばかなり違うでしょうし、通りすがりさんが仰るように急激な下降でさらに体調にも差が出ている可能性が高いです。すごく納得です、理屈として解決しました。(器械の誤差は仕方ないのかあ…)低血糖、気をつけたいと思います。ありがとうございました。

| はる | 2010/12/25 10:06 | URL |

目からうろこ

>通りすがりさんへ

今までの疑問が解けました。
 ありがとうございます。
 通りすがりではなく
 時々 顔を見せて頂けると嬉しいです。

| まるこ | 2010/12/27 01:26 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://diabetic130.blog130.fc2.com/tb.php/159-c60465ed

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。