血糖値と決闘★糖尿病をぶっ潰せ

痩せ型糖尿病患者による、闘病糖尿病記!低血糖だ高血糖だと日々血糖値との対決の様子を綴ったブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

●ストレスによる高血糖を防ぐ方法を考える

にほんブログ村

最初に書いておきます。
今回の記事ですが・・・調子に乗って
馬鹿みたい長くなってしまいました。

ですから、
ご理解いただける方 と 飛ばし読みが得意な方 
時間に余裕のある物好きな暇人
 のみお進み下さい(笑)

あと、私”はる”のファンの方・・・
これはいませんね、まず。はい、了解です。

情報と考えをまとめる事が下手な自分と
書く事が好きな自分のコラボ作品…
作品ってものには程遠い駄作ですが
よかったら読んでもらえると嬉しい限りです。



さて、糖尿病の原因、つまり高血糖の原因は
運動不足や食事(過食)など色々あると思います。

 にほんブログ村 にほんブログ村

しかしその中でも私は、「ストレス」による
血糖値の上昇が占める割合が、
世間一般で言われる割合よりも多いと思うのです。

ですから、いくら食事療法やウォーキングをしても
この「ストレス」を軽減・退治・回避しないと
完全な治療とは言えないのではないかと…思うわけなのです。

  にほんブログ村

なぜこんな話をするかと申しますと、私は前から
仕事を中心とするストレスが原因としか考えられない高血糖が
必ずと言える確率で間違いなく発生しているからです。

●ストレスが高血糖値の原因?
●高血糖はストレスがお好き
●ストレスで血糖値が上がる …など

「私の場合」の話で申し訳ないのですが、例えば
何かプレッシャーの掛かる物事の前は絶対に高血糖になります。
これは本当に絶対であり必ずです、今のところ100%です。
やはり仕事の場合が多いです。

我が国の某省のページのには、
糖尿病について書いてくれていますし注意をしてくれているのが、
そんなストレス云々話は一行も書いてません、予防方法としても
太るなー!、生活習慣を改めよ!
(運動せよ、食べ過ぎるな)と書くにとどまります。

  にほんブログ村  にほんブログ村

唯一ストレスについて触れているのは、
糖尿病のチェックシートに項目があるだけ…。
もしかして、」ストレスなんて取り上げるまでもない?
え?ダメでしょう、それは?

しかも高血糖の原因としてというより、
糖尿病の原因として書かれている感が強いのです。
痩せていて血糖が高めだと言われているような
隠れ痩せ型糖尿病予備群にはあまり響かない内容になってます。

私が糖尿病になる前の段階(予備群)の時にこれを見て、
大した危機感を持たなかったのも無理ありません…などと
こんな皮肉を言ったところで何もなりませんが(笑)

話が変な方向へ行きそうなので修正します。
そう、だから「ストレス」は高血糖の大きな原因だと
個人的に強く強く思うです。

私もこちらの製品(ヒューマログ注ミリオペン)を
使わせてもらっているのですが、(いつもありがとうございます!)
その日本イーライリリーさんのページには
「高血糖の原因」としてこうあります。

logo_lilly.jpg 高血糖の原因



 ・過食
 ・精神的ストレス
 ・身体的ストレス(病気や痛み)
 ・運動不足
 ・糖尿病の薬の不足
 ・糖尿病の薬の種類が体にあっていない
 ・肝臓が糖を作りすぎる
 ・血糖値を上げてしまう薬の服用
 


順番に意味があるのかは不明ですが、
上から数えて2番目3番目です。五輪なら銀と銅!
はっきりした原因なんですね。そう、ストレスこそ悪である!

でも、裏読み深読みすると
患者に運動治療をされると薬は不必要だから?・・・などと
深く考えるのはやめておきます(笑)

このようにストレスに晒されることによる高血糖は明らかです。
だったら、ストレスを防げは(解消・軽減・退治・回避すれば)
高血糖も防げるじゃないか!という考えになったわけです。



  前置きが長いよ馬鹿野郎!

     


えー、すみません。
何か罵声のようなつっこみが聞こえたような気がします…。
無視しましょう。そんなわけで、本題です。
ストレスによる高血糖を防ぐ方法。

まずはストレスに晒される環境に
身をおかないことが重要でしょう。

でも現代の社会では非常に難しいと思われます。
特に社会人…私にも言えることなのですが、
仕事(ストレス)と引き換え日々の生活をおくってます。
ましてや資金力など爆発的に乏しく、
仕事を辞めるわけにもいかないので、
できるだけ無理せずに、
ストレスの少ない生活や仕事を心がけて日々を過ごす

といった感じでしょうか。逃げ腰に見えてなりません。
しかも、ぼんやりし過ぎて、具体的な解決ではありません。

ストレスについて調べてみました・・・。

なにやら
ストレスコーピングというものがあるらしい。
簡単に説明すると、
ストレスに対してうまく対処する方法らしいです。

いくつか簡単に箇条書きにしてみます。

ストレスのもととなる問題を
誰かに相談する。
話を聞いてもらい冷静になり
愚痴って気晴らしをする。



ストレスのもととなる問題を
考えないようにする、放棄する、忘れる。
できないと諦める、解決を先延ばしする。



ストレスのもととなる問題に
正面から向き合う。
原因を明らかにして対策を考える。



ストレスのもととなる問題に対して
まともに向き合わず、楽観的に考える。
そのうち良くなる、ここは平気だと
楽に考えてみる。


ストレスのもととなる問題を
自分のせいにしない、他人のせいにする。
他人に押し付ける、逃げ出す。



ストレスのもととなる問題と
全く違うことで楽しむ。
趣味(スポーツ・買物・旅行など)を楽しむ。
好きな物を食べたり、お酒を飲んだりする。



中には腑抜けのようなダメ人間のようなものや
悪魔のような薄情な解決法もあります・・・
たしかにストレスは回避できそうですが、
友達も家族もなくなりそうですね(笑)

考え方のお話なので、実行するかどうかは
すべて貴方次第ということでよろしくです。

はい、そんなわけで次いきます!

何かアイテムに頼ってみるのもひとつです。
手軽な物としてまず思いつくのはサプリメントです。
この手の話は眉唾感が否めませんが、
体に悪影響な原因は何だ?→それに効くのはどんな成分だ?と
辿っていくと、どうしてもサプリに行き着いてしまいます。

ストレスに効くサプリメントを調べましたので
ざっくり紹介しておきます。

簡単に言うと、どうやらストレスは生命維持のために、
正常な細胞まで攻撃してしまい、病気になりやすくなる厄介者。
そして活性酸素というものを増やしてしまい、それが悪さをするようです。
そのうちに最悪の場合は脳梗塞や心筋梗塞となる確率が高いということです。

そんなストレスと闘うサプリとして、
活性酸素に対して、「抗酸化成分」のあるもの。
イチョウ葉エキス、松樹皮エキス、αリポ酸、ビタミンC、ビタミンE、
コエンザイムQ10などです。

  

免疫の働きを助ける「アミノ酸」(グルタミン、トリプトファン)、
神経のビタミンB群。脳にも良く血液をサラサラにしてくれる「DHA」。

そして、ストレスに対する適応を高める抗ストレスサプリメントは
「アダプトゲン」と言われ、高麗ニンジンなどがあります。
その他にもエゾウコギ、マカなどがあります、

緊張の緩和には、テアニン、ギャバなども有効、
ハーブサプリとしては、フィーバーフュー、ホップ、バレリアンなどです。

手軽なものとして、緊張の緩和に効果のあるものとして、
チョコレート、ココアも良いらしいです。

ちなみに私が愛飲しているのは
  
マルチビタミンでございます。
その他はチョコレート、もちろん糖類ゼロです。
 
お菓子だけど、効果あり!てことで
言い訳も含まれつつ堂々と食べられますね(笑)


そんなわけで、相変わらずの雑な記事ですが、
少しでもお役にたてると嬉しく思います、ではでは。


_ . _ . _ e n d _ . _ . _


 にほんブログ村 にほんブログ村



  

  

  
スポンサーサイト

| 糖尿病の豆知識 | 23:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://diabetic130.blog130.fc2.com/tb.php/166-7e748a51

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。