血糖値と決闘★糖尿病をぶっ潰せ

痩せ型糖尿病患者による、闘病糖尿病記!低血糖だ高血糖だと日々血糖値との対決の様子を綴ったブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

●被災地でインスリン治療の連絡先

日本糖尿病学会が
東北地方太平洋沖地震対策本部を設置、
糖尿病治療のためにインスリンが必要になる患者のための
相談連絡窓口を開設したようです。

以下連絡先です。

日本糖尿病学会(事務局内)
東北地方太平洋沖地震対策本部

O338154364
O338157985


 → 【日本糖尿病学会のホームページ】


 医療関係者連絡先 

【岩手県】

岩手医科大学  O196515111(高橋和眞先生・佐藤 譲先生)

及川内科胃腸科クリニック  O191313131 (及川 登先生)
(月~土:9時~17時30分※但し、木・土の12時30分以降を除く


【宮城県】

東北大学病院糖尿病代謝科   O227177611 夕方以降は O27177856
(片桐秀樹先生・石垣 泰先生)
(※東北大学の連絡先は相談のみです。)

東北労災病院  O222751111(赤井 裕輝先生)
(月~金:9時~12時 ※緊急の場合は午後も可


【福島県】

福島市 福島県立医科大学  O245471206(佐藤博亮先生・渡邊 毅先生)

福島市 福島赤十字病院  O245346101(佐藤 義憲先生)
(月~金:8時30分~17時)

会津若松市 県立会津総合病院  O242272151(塚本和久先生)

いわき市 市立総合磐城共立病院  O246263151(小野利夫先生)

いわき市 たねだ内科クリニック  O246453303(種田嘉信先生)


【茨城県】

那珂記念クリニック  O293532800(遅野井 健先生 オソノイ タケシ
(月~土:9時~17時 ※但し水曜午後・土曜午後を除く
   
西山堂病院  O294725121(荷見 澄子先生 ハスミ スミコ
(月・水・金:14時~18時)


日立総合病院  O294231111(荻原健英先生・岡裕爾両先生)
(※日立総合病院の連絡先は相談のみです。)


 製薬会社連絡先 

ノボノルディスクファーマ  O12O180363
(※月~金曜日の午前9時~午後6時)

サノフィ・アベンティス  O12O497010
(※24時間365日)

日本イーライリリー  O12O245970
(※24時間)



(とくに断りのない限り,上記連絡先電話番号での対応は日中のみとなります)
※日本糖尿病学会東日本大震災対策本部ホームページより


日本糖尿病協会でも「日本糖尿病協会災害対策支援チーム」による
専用フリーダイヤルを開設しておられます。

日本糖尿病協会災害対策支援チーム  O12O151721

 → ホームページはこちら


【 受話器をとるまえに準備しておくべきこと 】

1)糖尿病の病型(1型,2型など)
2)使用しているインスリン製剤の名称
  (ノボリンR,ヒューマログ,ランタスなど)と
  注射なさっている単位数




_ . _ . _ e n d _ . _ . _


  にほんブログ村
スポンサーサイト

| その他の記事 | 12:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

この情報は

こんにちは、はるさん。
今回の震災での持病を持っている人の事を考えるといたたまれなくなります。
健康の時は何も考えずに居ましたが、自分が病気に成り被災者の事が身にしみました。
私の所は幸い被害が少ないのですが、近県は凄い状況に成っております。
今回のインスリンとか、相談の件ですが、ツイッターの方が伝わりやすいのかと思います。
災害地区は電気が不通が多いと思います。
携帯で見れる「ツイッター」の方がよいと思います。
パソコンより見る人が多いと思います。
私の地区も停電に成り、パソコン開けずこの手の情報は皆無でした。
震災で避難の際は、インスリン、測定器等を袋ではなく濡れないように管理した方がいいのかなと思いました。
地震の影響か、かなり血糖値上下しています。
余震もストレスに成ってるのかなと思います。

| ドテチン | 2011/03/16 10:51 | URL | ≫ EDIT

Re: この情報は

いつもありがとうございます、ドテチンさん。大きな被害に遭われておられないようで少し安心いたしました。。本当にそうですね…被災してさらに治療中となると想像以上の苦しい生活と想像できますし、我々の想像以上に大変なものでしょうね。いざという時のために、必要なものを揃えておかないといけないと本当に感じました。インスリンももちろんですが、糖尿病で食事がバランス良くなりすぎてしまっているので準備しておかないと駄目だと本当に思います。支給される食料は血糖値を上げるおにぎりやパンなどの炭水化物になるでしょうし糖尿病患者は健康な人より災害時の事について真剣に考えないといけませんね。そして、ツイッターの件ですが、仰る通りですね。今回の震災ではツイッターは大活躍らしいですから。でも、お恥ずかしい話ですが、私はツイッターのアカウントを持ってないのですよ。完全に乗り遅れてしまい、次に乗るものを待っている状態です(笑)一応はこのブログは携帯で読むこともできますので、何かで役に立てば…くらいの気持ちで記事にさせていただきました。原発の心配や余震が続きますが、ストレスをできるだけ感じないように、また血糖値を安定することを願っております。

| はる | 2011/03/17 18:38 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://diabetic130.blog130.fc2.com/tb.php/193-edf2a2cd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。