血糖値と決闘★糖尿病をぶっ潰せ

痩せ型糖尿病患者による、闘病糖尿病記!低血糖だ高血糖だと日々血糖値との対決の様子を綴ったブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

●不安と恐怖が一番の薬だ

にほんブログ村

糖尿病という病気は厄介ですね。
私が教育入院した時もそうなのだが、
不摂生をせずにバランスの良い食事をし、
規則正しい生活をするのが一番の治療だと
病院の人間は糖尿病患者に叩き込む。

それありきで、さらにサブ的なあ役割として薬なり
インスリン注射なりがあるということだが、
私も同じようにそう思っている。

でも人間という生き物はとても弱い。
得てして楽な方・満足を得られる方を選択しがちだ。

私も含めての話なのだが、
糖尿病を発症してしばらくは極端に摂生をする。
でも殆どの者は長続きしない…
しばらくすると、すぐに
「これくらい大丈夫だ」が顔を出す。

こいつはどんどん膨らんで、
結構な大きさに広がってくる。
そのうち経験を積んだ奴は
「前も別に何ともなかった」に変形する。

手伝う奴らも出現する。
「~だから」部隊、
仕事だから、付き合いだから、今日だけだから、
特別だから、ちょっとだけだから・・・


これは・・・また同じ道を通るんじゃないか??


我々は学んだはずだ。
絶対に忘れてはいけないことと、
常に思い出さなければいけないことがあるということを。

自分に問いかけないとダメだ、
なぜ思い出さない?
「自分は糖尿病かも…」と思った時の
途轍もない大きな不安を。

自分にもう一度言い聞かせないとダメだ、
なぜ忘れた?
「あなたは糖尿病です」と宣告された時、
「このままだと合併症になるかも…」と思った時の
真っ暗闇に向かうような恐怖を。

忘れちゃいけない。
思い出さなきゃいけない。

だから”不安と恐怖が一番の薬”なのかも・・・と
最近は思ったりしてるのです。
引き締めないといけません。


・・・と最近ダメな自分に言いました(笑)


 ★過去の記事 Pick Up

 ●糖尿病による最悪の末路
 ●今さらだけど後悔していること


_ . _ . _ e n d _ . _ . _



 にほんブログ村 にほんブログ村


スポンサーサイト

| その他の記事 | 19:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おっしゃるとおりです。
まさに同感。
合併症はじわじわと10年、20年かけて攻めてきますから。

「気づいたときには手遅れ」を2回はやりたくないですね。
一回目はもちろん糖尿病になったとき、2回目は合併症。

継続は力なり って一番苦手なとこなんですが、前向きに
がんばっていきましょう(^^

| えむけん | 2011/06/20 22:19 | URL |

頑張りましょう。

毎度どうもです、えむけんさん。2回目という言葉が突き刺さりました。そうですね、一段目はもう終了して、次の階段を上って次は無し…ああ恐ろしい。私も継続することは苦手ですし、誘惑に負けそうになることも負けることもあります。でもポジティブに行くしかないですよね、最近気分的にも体力的にも落ちているせいか弱気な記事をアップしてしまいました。いつもありがとうございます、頑張っていきますよー!

| はる | 2011/06/21 18:43 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://diabetic130.blog130.fc2.com/tb.php/215-8eb12847

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。