血糖値と決闘★糖尿病をぶっ潰せ

痩せ型糖尿病患者による、闘病糖尿病記!低血糖だ高血糖だと日々血糖値との対決の様子を綴ったブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[■]足の切断は30秒に1人

にほんブログ村

糖尿病と足は密接な関係があり、
糖尿病になったら、日頃から足の様子を
注意深く観察するように
医師や看護師から言われます。

それは、高血糖が続くと神経障害と言われるような
冷えや痺れによる痛みを感じにくくなる症状や、
血液の循環が悪くなからです。
また、高血糖によって免疫反応が弱くなることで
傷口が治りにくいことで、
その傷から壊疽(えそ)となり、
最悪の場合は足を切断することにもなりかねないからです。

なんと糖尿病による足の切断は、
「世界で30秒に1人」の割合なのだそうだ。
そのスタート地点を自分もすでに
通り過ぎてしまっていると考えると
本当に恐ろしくなってしまいます。
絶対にそのゴールは切りたくないですね。

「自分は大丈夫だからさ~」とか他人事のように考えたり
あまり危機感の無い方は、画像検索で
「糖尿病 壊疽」とうにょうびょう えそ 等で検索すると
本当に悲惨な画像(グロ系注意)が表示されますので、
自分への戒めになって良いのではないでしょうか。

今日、ニュースで見つけた記事なのですが、
外来で週100人の糖尿病患者をみる
広島市立安佐市民病院に2009年10月、
糖尿病患者専門の「フットケア外来」が出来て、
糖尿病看護の認定看護師の資格を持った方が対応してくれるという。
患者の立場から言ってもスペシャリストがいると
安心して任せられて頼もしい限りです。

近くにこういう病院があると心強いでしょうね。
自分でも毎日、足に変色した部分や痛み、切り傷、
アザなどの傷がないか確かめることが大切だそうです。
神経障害により足が冷え、感覚が鈍くなっているので
火傷などにも気をつけなければいけないでしょう。
それに、糖尿病は運動療法も必要な病気なだけに
ウォーキングなどの運動を行うなら
しっかりと自分の足に合った靴を履くことが大切ですね。

これから梅雨ですが、雨が多くなるので
屋内で筋トレ頑張らないと・・・。



 どうぞ、ご協力下さい。
 あなたはどっちですか? ↓

にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ




_ . _ . _ e n d _ . _ . _




 ●手足のしびれはこれで治せ! ●両足をなくして
 ●足の創傷をいかに治すか ●糖尿病フットケアハンドブック



  ●[PREVAIL/プリヴェイル]立ち仕事や足ムレが気になる方にアロマプロ フット&レッグ ミスト
 ●[PREVAIL/プリヴェイル]立ち仕事や足ムレが気になる方にアロマプロ フット&レッグ クリーム(...
 ●[PREVAIL/プリヴェイル]足がさらさら、ムレが気になる方にアロマプロフット&レッグパウダー




スポンサーサイト

| ニュースとTV | 18:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

不良患者です。

怖いですよね。。

私は小心者ですから傷を見つけたら
即、お医者様へ
先生「今度は何で来たの~」(汗)

火傷ばかりする私に
先生「冷水で流して 何もつけずに
   ラップ巻いて様子を見なさい」って
   手首にかけて かなりの広さで
   お湯がかかったのに、火膨れもせずに
   火傷 治った!
   先生も たまには良いこというじゃん(笑)

話がそれっぱなしだ。(汗)
そーです。
足には気をつけなければ・・・・。   

| まるこ | 2010/05/20 22:40 | URL | ≫ EDIT

Re: 不良患者です。

はい、本当に恐いです。
まるこさんは頼れる先生がいていいですね。

毎日、足を注意深く見てしまうし、
少しの変化でも悪い方へ考えてしまいます。

それでまたストレス…高血糖のもとだ(笑)
ありがとうございました。

| はる | 2010/05/21 18:42 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://diabetic130.blog130.fc2.com/tb.php/32-25df6e98

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。