血糖値と決闘★糖尿病をぶっ潰せ

痩せ型糖尿病患者による、闘病糖尿病記!低血糖だ高血糖だと日々血糖値との対決の様子を綴ったブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[■]糖尿病新診断基準 HbA1c値≧6.1%

にほんブログ村
2010/05/27
糖尿病新診断基準7月1日に改訂 HbA1c値≧6.1%を追加

日本糖尿病学会は5月27日、現行の診断基準を改め、血糖値に加え、HbA1c≧6.5%(JDS値では6.1%)を追加した新診断基準を7月1日から施行することを明らかにした。これまでの血糖値(空腹時≧126mg/dL、75gOGTT(75g経口ブドウ糖負荷試験)2時間値≧200mg/dL、随時≧200mg/dLのいずれか)にHbA1c値を追加する。血糖値とHbA1cがともに基準を満たせば、1回の検査で糖尿病と診断することが可能になる。これにより、早期診断・早期治療を促したい考えだ。診断基準の改訂は、1999年の改訂以来11年ぶり。

HbA1cは、慢性の高血糖状態をより良く反映する指標。そのため、従来の血糖値に加え、今回糖尿病診断基準の第一段階に取り入れることとなった。

ただし、HbA1cのみが糖尿病型と判断された場合は、欧米とは異なり、糖尿病と診断せず、
血液検査を必須とした再検査を求めた。再検査の結果、血糖値が基準を満たせば糖尿病と診断するが、HbA1cのみ糖尿病型であったケースや、血糖値・HbA1c値いずれも基準を満たさないケースでは、“糖尿病疑い”とするにとどめた。

一方、血糖値のみ基準を満たした場合には、▽糖尿病の典型症状▽確実な糖尿病網膜症――のいずれかがあれば糖尿病と診断し、なければ再検査を実施するとした。

そのほか、▽空腹時血糖値110~125mg/dL▽随時血糖値140~199mg/dL▽HbA1c値(NGSP値)6.0~6.4%(JDS値:5.6~6.0%)で明らかな糖尿病症状が存在しないもの―では、75gOGTT2時間値の実施を強く推奨した。

◎溶血性貧血などでは血糖値の測定を
HbA1c値が正確な値とならず、見かけ上低値になる病態があることも知られている。▽溶血性貧血▽肝疾患▽透析▽大出血▽輸血▽慢性マラリア▽異常ヘモグロビン症――などでは、従来の診断基準にのっとった血糖値による診断を求めている。
引用:http://


だそうです。11年も変わらない基準というのも凄いですね。
もっと早めに改訂していかないと・・・じゃないのかな。
これまでにHbA1c値で引っ掛かっていれれば助かっていた方も
いたかもしれませんし・・・。

私のような、いち患者が言えることではないです、失礼しました。

“これにより、早期診断・早期治療を促したい考え” そうですね。
それが一番だと思います。



 あなたはどちらですか? ↓

にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ


_ . _ . _ e n d _ . _ . _


 ●メタボの常識・非常識  ●血糖値にぐぐっと効く本
 ●コレステロールの高い人がまず最初に読む本
 ●血糖値の高い人がまず最初に読む本
 ●京都の名医がおしえる「やせる食べ方」
スポンサーサイト

| ニュースとTV | 00:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://diabetic130.blog130.fc2.com/tb.php/44-43d65ecc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。